SSブログ

(2)「こっそり歌う」~バレると笑われますが・・・~ [カラオケ攻略~苦手な人もどうぞ~]

さて、第1回は「曲を覚える」でした。

では第2回を始めましょう。

今回は「こっそり歌う」

それってどういうこと?
そう、よく分かりませんよね。
でもこれ、とても重要なんですよ。

小さい声で歌うんです。

カラオケって、でかい声張り上げるイメージありますよね。
頑張ってるイメージありますよね。

でも、地声が小さい方もいらっしゃいます。
そんな方に大きな声って、無理があります。
無理に声を出したら喉を壊しますし、
仕事や学校などで、後々大変なことになりかねません。
声が大きい、または普通くらいの方でも、それは困りますよね。

声の小さい方は、マイクの音量を上げればいいんです。
それだけのことです。

で、本題。

出来る限り大きな声で歌うってことは、確かに大切ですが、
それはまだ後回しで構いません。
できることから始めればいいんです。

それよりも、小さな声で歌いましょう。
歌詞にメロディー、リズムは正確に。
小さな声とはいっても、声の出ていない口パク状態ではダメです。
小さいけれど、あくまでもちゃんと、自分自身で聞こえる程度で、歌いましょう。

同じ調子で1曲歌いきる方、
ずっと頑張って声張り上げている方、いらっしゃいますよね。
でもこれはあんまりボクとしては、いただけない。

どんな歌でも、抑揚ってものがあって、
これが歌に、自分なりの表情や説得力をつけてくれます。
上記のような歌い方の方の歌は、それがないんです。

で、声を大きく出すのは、割と誰でもできますが、
小さ目に声を出すのって、意外と難しいのです。

歌う時だって、抑えて歌おうと声を小さくしてみたら、
声が出なくなったりとか、出てもメロディーがコントロールできなかったりと、結構難しいのです。
小さな声の出し方を知っておけば、自然と抑揚がつけられるようになります。

思い返してみましょう。
地声って、みなさん低くないですか?
頑張ったり興奮したりすると、地声よりも高めの声が出ませんか?

じゃあ地声が素直に出る方法・・・そう、小さな声を出すんです。

地声は自然に腹式呼吸になります。
それが上手くいかないとしても、例えば気管辺りが震えるくらいにはなります。
地声で喉を使い過ぎる、痛めることはないと思います。

歌う時もおんなじです。
喉でキンキン歌うよりも、地声で余裕をもって歌うほうが、歌う本人も聴く人も気持ちいいです。
地声で歌うために、小さい声で歌う練習をしてみましょう。


ボクは学校の帰り道、いや仕事の帰り道に、
一人っきりの時は大体歌ってました。
伴奏も自分で口ずさんでね。

で、中学生の徒歩での帰り道、
いつものようにフンフーンって歌ってたら、
小学校からの同級生の女の子に、自転車での通りすがりで
「今日は何歌ってんのぉ~?」
って、言われちゃいました・・・
・・・そう、大分前からバレてたんです(--;;

ってなもんで、
周りには十分気をつけ・・・いや、配慮しましょうね。
意外と聞こえているもんですから。

お風呂の中でもいいですね。
お部屋の中での鼻歌でもいいでしょう。
歌詞が多少うろ覚えでも構いません。
リズムとメロディーさえ覚えていれば、カラオケ画面の字幕が助けてくれます。

ほら、意外と簡単に練習できますよね。

じゃあ次回は、曲選びについてお話しましょう。
タグ:カラオケ
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます